ロープロファイルメカニカルキーボードがスリムキーボードに最適な理由とは?

1. 薄型キーボードのさまざまなタイプ

メカニカルキーボードというと、ずっしりと重いイメージがあり、薄型のキーボードというとメンブレンキーボードくらいしか思い浮かばないかもしれません。実は最近、薄型メカニカルキーボードという新しい種類のキーボードが登場しています。

1.1 メンブレンキーボード

メンブレンキーボードとは、スイッチが独立した可動部ではなく、輪郭や記号が印刷されただけの圧力パッドであるキーボードのことである。キーボードの表面と回路が電気的に接触し、キーキャップが押されることで動作する。フラットメンブレン・キーボードとドームスイッチ・メンブレン・キーボードの2種類がある。しかし、一般的な材料と成熟した技術で作られているため、安価であることが多い。

image via Logitech.com

1.2 薄型メカニカルキーボード

ロープロファイルメカニカルキーボードは、基本的にスイッチ、キーキャップ、ケーシングがより薄いメカニカルキーボードです。メンブレンキーボードとは異なり、ロープロファイルメカニカルキーボードは、個々のスイッチを利用し、各キーは物理的な操作に対して独自の応答パターンを持っています。

2. 両者の違い

2.1 構造

メンブレンキーボードは、通常3層構造になっているのが特徴です。

上下の層は圧力パッドで、これらの圧力パッドは薄く柔軟なゴムやプラスチックの膜でできており、導電性のトレースが印刷されています。

中央の層は「スペーサー」で、「スイッチ」が存在する場所には穴が開いている。他の2つの層は、このスペーサーによって分離されています。

Membrane keyboard layers

image via deskthority.net

薄型メカニカルキーボードは、通常、薄型のキーキャップとメカニカルスイッチ、PCB、ケースで構成されています。

各キーには個別のスイッチがあります。メカニカルスイッチには、主にリニア、タクタイル、クリッキーの3種類があり、触感、作動力、音の大きさが異なります。それぞれの種類によって、異なるタイピングエクスペリエンスを提供します。PCBはプリント基板で、ホットスワップが可能です。

Keychron low profile S1 layers

2.2 メカニズム

メンブレンキーボードは、キーを押すと上層が下層に向かって移動し、両者が接触する。このとき、2つの層に描かれた導電性トレースによって電流が流れ、キーストロークが記録される。

Membrane keyboard switch

image via digitalworld839.com

薄型のメカニカルキーボードの場合、キーを押すとステムが下に移動してバネを押し、2種類の導電材料を強制的に接触させます。その電流信号がプリント基板に伝わり、プリント基板からコンピューターに信号が送られます。

Low profile mechanical switch

image via cherrymx.de

3. ロープロファイルメカニカルキーボードとメンブレンキーボードの比較

薄型メカニカルキーボードメンブレンキーボード
交換可能なスイッチはいいいえ
交換可能なキーキャップはいいいえ
QMK/VIAサポートはいいいえ
NKRO対応はい対応キーボードは非常に少なく、ほとんどが3/4-KROに対応しています
スイッチ寿命5,000~1億回1,000~2,000万回

4. 薄型メカニカルキーボードの優位性

4.1 スイッチ

薄型のメカニカルスイッチは、キーを押すたびに作動箇所を実感でき、タイピングがより軽快になるため、より良いフィードバックが得られます。メンブレンキーボードのスイッチは柔らかく、触覚的なフィードバックはほとんど感じられませんが、個人の好みに応じてさまざまな種類から選ぶことができます。また、メンブレンキーボードスイッチに関しては、あまり多くの選択肢はありません。

4.2 キーキャップ

ロープロファイルメカニカルキーボードには、取り外し可能なキーキャップがあり、様々な種類のロープロファイルキーキャップが販売されています。メンブレンキーボードのキーキャップは、そのデザイン上、交換するのに問題がある場合があります。

4.3 カスタマイズ性

メンブレン・キーボードは、その構造上、ほとんど変更することができません。しかし、ロープロファイルのメカニカルキーボードは、スイッチやキーキャップを簡単に交換することができます。

現在、ロープロファイルのQMK/VIAメカニカルキーボードが販売されており、ユーザーは異なるバックライト効果、マクロ、キーコード、マウスコマンドを異なるキーマップ層でカスタマイズすることが可能になっています。

4.4 NKRO

薄型のメカニカルキーボードは、通常、すべてのキーを同時に押すことができます(NKRO)。多くのメンブレンキーボードはNKROをサポートしておらず、そのほとんどは3~4個のキーを同時に登録することしかできません。

4.5 寿命

薄型メカニカルキーボードの寿命は5,000万~1億回、メンブレンキーボードの寿命は1,000万~2,000万回です。ロープロファイルのメカニカルキーボードでは、スイッチが壊れたり、キーキャップが摩耗したりしても、簡単に交換することができます。メンブレンキーボードの場合は、キーボード全体を交換しなければならない場合もあるので、その点は異なります。