K3バージョン2の新機能は?

私たちは、キーボードをより良くするために、改善の余地があると思えば、決して努力を怠りません。そのため、K3薄型ワイヤレスメカニカルキーボードの革新性を次のレベルへ引き上げました。Keychronのお客様からのご協力とフィードバックにより、K3 V2は前モデルの3つの主要なコンポーネントをアップグレードして作られました:

2段階調節可能なゴム足を追加しました
新しいキーキャップ射出成形型の開発
ボディ構造の強化


もっと知りたいですか?では、その違いをひとつひとつご紹介しましょう。

2段階に調節可能なゴム足を追加し、メールやゲームをする際に、人間工学に基づいたサポートと快適さを提供します。快適なレベルを選ぶか、あるいはキーボードを机の上に平らに置いておくか、選択できるようにしました。 

今回、私たちはK3のために新しいキーキャップ射出成形型を作りました。新しい金型では、ロープロファイルキーキャップの射出方向を変えることで、ロープロファイルキーキャップの両サイドがよりすっきりと平らになり、キーキャップに高級感と厚みを加えることができました。

K3 V2の最も重要な部分は、新たに強化されたボディ構造で、全体的な造りの良さを高めています。K3 V2のプラスチック製ボトムフレームにSGCC製ガルバリウム鋼板を装着/固定し、本体構造を強化するとともに、安定したワイヤレス通信機能を確保しました。

K3 V2が超薄型でありながら高い耐久性を実現できたのは、その素材にあります。K3 V2の筐体には、航空機用アルミニウム合金を採用し、スリムな筐体を維持しつつ、高い耐久性を持たせています。

マットな質感のアルマイト処理を施したアルミ合金は、溶接性に優れ、耐摩耗性にも優れています。K3 V2を持ち運んだり、タイピングしたりすると、キーボードが前バージョンよりもしっかりとしていることを実感していただけると思います。

 K3は超薄型のロープロファイルメカニカルキーボードなので、従来のメカニカルキーボードに比べると品質が劣ると思われるかもしれません。しかし、K3の底面にあるアルミプレートがK3 V2の重量を支え、タイピング時や持ち運び時にK3をより安定させ、より快適で丈夫な持ち運びを可能にしています。